荒川コース
     (葛西臨海公園〜四つ木橋〜岩淵水門)
 

 

【コースの概要】

秩父の山中から流れが始まり、葛西で海に注ぎ出る、長大な荒川を、河口の葛西臨海公園から、隅田川と交わる岩淵水門まで走ってみました。葛西から岩淵水門までの間の川の流れが妙に整然としていると思ったら、実は人工的に作られた水路で、わずか70年の歴史しかありません。それが、洪水対策で作られた「荒川放水路」ですが、昭和40年に「荒川」と名称が変更になっているそうです。

葛西臨海公園から岩淵水門までは、若干近道な右岸をたどっても、片道約25kmの非常に長いコースです。「3B組金八先生」でおなじみの、河原の風景も途中で眺めることができます。また、目的とする、岩淵水門には、「荒川知水資料館(amoa)」があり、荒川の歴史などを知ることができます。いつのまにか北区まで走ってきてしまった、という感じです。スポーツの要素と、社会科見学の要素を兼ね備えていて、何と健全なコースなんでしょうね。

なお、このコースは、左岸(川の流れる向きから見て左側)を走るルートと、右岸(川の流れる向きから見て右側)を走るルートがありますので、両方とも紹介してあります。葛西を出発するときは左岸を走り、岩淵水門に着くときまでには右岸へ渡っているということになります。

右岸を全て走ると片道約25km、左岸では、片道約27kmの距離があります(都心を取り巻くようにカーブしているので、左岸のほうが距離が長い)。かなりの体力と時間が必要になりますので、自身の判断で進んでください。また、途中、コンビニやトイレといったファシリティが極端に少ないので、私もかなり不便しました。あらかじめ、補給をしてから出発することをお勧めします。

 

左岸コースを進む

 

右岸コースを進む
 

【コースの詳細】

  

左岸Part1 : 葛西臨海公園〜四つ木橋

地点
施設

距離
所要時間

写真

コメント

他コース
連絡

葛西臨海公園

江戸川区
臨海町
6丁目

WC Drink 

0.0km

0

長いコースのスタート地点として、東京湾の大海原を眺めてから走り出すとよいでしょう。川の流れの行き着く果ては海、という当たり前のことを実感できます。
芝生で寝転ぶもよし、水族館でマグロを見るもよし、なぎさで水遊びするもよし、すぐに走り出すもよし…

葛西臨海公園のリンク(都公園協会)

葛西海浜公園のリンク(東京港埠頭公社)

 

健康の道

(堤防上コース)

3.1km

12

葛西臨海公園の西端へ出て、そこから堤防となっているサイクリングコースへ入ります。荒川に突き当たったところを右に進むと、直線のコースがひたすら続いています。
ジョギングをしている人がたくさんいて、週末の一時、といった気分を味わえるでしょう。

 

清新町

 

江戸川区
清新町
1丁目

WC

3.1km

12

東西線の鉄橋が近づいてくると、サイクリングコースの終点になります。右へ進むと旧葛西海岸堤防へ進みますが、ここでは、工事中の通路をまっすぐ進みます。
将来工事が完成すると、手前から永代通り、東西線、そして首都高速の清新町ランプをくぐる格好となります。

旧葛西堤防コース

都道450号線

【車道兼用】

1.1km

6

狭い歩行者通路を出たらすぐに、道路を横断して、一段低い路地を写真前方に進みます。
この道路、荒川沿いの信号の少ない、結構いい抜け道なのですが、その分車が多いので横断には注意してください。
なお、写真の左には堤防上の散歩道がありますが、かつがない限り自転車は登れません。残念...

 

葛西橋()

江戸川区
西葛西
1丁目

 

4.2km

18

葛西橋の下に出たら、少し右へ進んで、葛西橋の歩道を登ります。上流側の歩道に入ったほうが便利でしょう。
中川を渡りきったところに、荒川を分ける堤防があるので、右に曲がって入ります。上に首都高速が走っているところです。入口に、低い鎖がかかっていますが、自転車を持ち上げて越えてください。

荒川コース右岸PartI

堤防上コース

 

3.5km

12

ここから東四つ木までは、一切の車両が入ってこない、自転車天国です。左手の川との間には、背の高い葦や雑草が生えていて、案外見通しが良くありませんので、そのつもりで。
船堀橋をくぐると、右手には江戸川競艇場があり、週末にはモーターボートの高い音がします。オヤジたちに交じって見ていくのも良いのかも。

 

小松川橋()

 

江戸川区
西小松川町

WC

7.7km

30

葛西橋から進んできて、初めてコースを外れることのできるところです。ただし、小松川橋の西側から右岸のコースには入れないので、左岸と右岸の連絡には使えません。
汚い簡易トイレがあります。

 

堤防上コース

 

1.8km

6

高い草が生える道を、ひたすら進みます。少し飽きてきた頃に、総武線の鉄橋が見えてきて、平井大橋に至ります。

 

平井大橋()

 

葛飾区
西新小岩
2丁目

WC

9.5km

36

いつのまにか、葛飾区にはいって平井大橋に着きます。葛西橋から初めて、東西の横断ができる場所です。
少しきれいめな移動式のトイレがあります。

荒川コース右岸PartI

堤防上コース

1.9km

7

前方にかつしかハープ橋が見えてきて、ようやく単調な風景が終わります。途中、昔、中川が流れていた部分の水門を渡るため、堤防の上に登ります。かつしかハープ橋を真上に眺められ、迫力ある光景です。
そこから東四つ木までは堤防上を走ることもできますが、未舗装なので下に下りたほうがいいでしょう。

 

東四つ木避難橋

  

葛飾区
東四つ木
3丁目

   

11.4km

43

写真の、黄色い橋が、東四つ木避難橋で、綾瀬川を渡ります。
橋を渡って、スロープを降りたところをまっすぐ進むと、中川コースに至り、ヘアピンターンすると、このコースが続きます。

新中川&中川コース

都道450号線

 

1.5km

8

狭い歩道を、四つ木橋まで走りますが、いろいろと橋が多いので、間違えないようにしてください。目印としては、京成電鉄の四ツ木駅をくぐってから、最初の橋ではなく、2番目の橋の北側(上流側)の歩道に入るように進みます。
この辺、コンビニがありそうですが、私が見つけた限りはありませんでした。

 

四つ木橋()

 

葛飾区
四つ木
3丁目

  

12.9km

51

水戸街道(国道6号線)の古い橋のほうを進み、綾瀬川を渡ったところで土手に入ります。
土手に入ったら、すぐに下に降りたほうが走りやすいでしょう。

荒川コース右岸PartI

荒川コース右岸PartII

 
荒川コース左岸PartIIへ進む

    

トップページへ戻る
  

 

※本サイトは、画面の解像度を1024x768ドット以上に設定すると,きれいにご覧いただけます。

(c) Copyrights Reserved 2000-2005. Unauthorized copy and duplication is prohibited.
Composed and designed on WindowsXP and IE6.0

Last Updated : October 30, 2005
Original : October 9, 2000