荒川コース
     (葛西臨海公園〜四つ木橋〜岩淵水門)
 

 

【コースの概要】

こちらをご覧ください。
 

【コースの詳細】

  

右岸PartII : 四つ木橋〜岩淵水門

 

荒川コース右岸PartIへ戻る

 

地点
施設

距離
所要時間

写真

コメント

他コース
連絡

四つ木橋(西)

 

墨田区
墨田
4丁目

コンビニ

12.4km

52

四つ木橋といっても、対面通行の古い橋と、新しい橋と2本かかっています。古いほうの橋を渡って、東西の横断ができます。
古いほうの四つ木橋まで出たら、向島の方向に少し進むと、コンビニがあり、補給できます。

荒川コース左岸PartI

荒川コース左岸PartII

堤防上コース

(都道449号線)

【車道兼用】

1.9km

8

ここから堀切橋までの土手上は、車道となっています。自転車は、土手下を進むことになりますが、首都高速向島線をくぐるときに、いったん車道に上って水門(旧綾瀬川)を渡ります。車に注意です。
渡ったところで、「
3B組金八先生」ファンならおなじみの光景が見えます。東武線の堀切駅の脇を通って、再び土手下に下がります。

 

堀切橋(西)

 

足立区
柳原
1丁目

14.3km

60

堀切駅をすぎると、すぐに堀切橋です。都道と京成線をくぐります。

荒川コース左岸PartII

堤防上コース

(都道449号線)

2.1km

8

3B組金八先生」のロケが行われていた土手です。実際には、桜中学はありませんが、この近辺?の中高生が部活の練習を行っていました。非常に活気のあるところです。
しばらく走ると、東武伊勢崎線と、常磐線の鉄橋をくぐります。

 

千住新橋()

足立区
千住
5丁目

 

16.4km

68

千住新橋は、日光街道(国道4号線)が荒川にかかる橋ですが、新しい川なので、当時の面影はありません。

荒川コース左岸PartII

堤防上コース

(都道449号線)

4.3km

16

江北橋まで、かなりの長丁場を進みます。途中の西新井橋を渡ると、左手に隅田川が近づいてきますが、土手下を走っていると気づかないでしょう。その場合、ひたすら走るだけになります。
途中、扇大橋もくぐって越えます。

 

江北橋()

 

足立区
宮城
2丁目

 

20.7km

84

遠くに、首都高速のアーチ橋が見えてくると、江北橋です。首都高速の王子線で、地上区間は完成しているようです。

荒川コース左岸PartII

堤防上コース

(都道449号線)

2.1km

8

ここから鹿浜橋までの区間は、右手に都民ゴルフ場を見ながら走ります。左手では工事が行われており、ダンプカーが多かったので要注意です。

 

鹿浜橋()

  

足立区
新田
1丁目

   

22.8km

92

ここで環七通りと交わり、さらに上流に向かいます。あともう一息です。

都道449号線

(堤防上コース)

2.1km

7

ここからは、土手上の道を進むことができます。河原は都民ゴルフ場となっていて、対岸の川口市の方向には、高層マンションが1つ建っているのが見えます。
じきに、左手に隅田川が寄り添ってきます。そして、青い、新岩淵水門が見えてきます。新岩淵水門を渡ると、いよいよこのコースの終点です。

 

岩淵水門

 

北区
志茂
5丁目

WC

24.9km

99

水門を渡ると、建設省の事務所の建物が建っていて、その中に「荒川知水資料館」があります。この資料館(無料)に展示があるほか、旧水門の前には、旧岩淵水門概要(357KB)と、荒川の流れのうつりかわり(365KB)の案内板があり、水門のいわれがわかります。かなり歴史的な建造物で、妙に貫禄を感じます。

荒川知水資料館(amoa)へのリンク
9:30
から17:00まで、月曜、祝翌日などは休み

  

さらにがんばれる人は、上流へ走りつづけることができます。秋ヶ瀬橋から川越を経て、遠く入間川や熊谷までコースが延びています。いつか走れるといいですね。

    

    

トップページへ戻る
  

 

※本サイトは、画面の解像度を1024x768ドット以上に設定すると,きれいにご覧いただけます。

(c) Copyrights Reserved 2000-2005. Unauthorized copy and duplication is prohibited.
Composed and designed on WindowsXP and IE6.0

Last Updated : October 30, 2005
Original : October 9, 2000