江戸川(右岸)コース
     (葛西臨海公園〜水元公園)
 

 

【コースの概要】

こちらをご覧ください。
 

【コースの詳細】

 

Part II : 江戸川水門〜水元公園

 

江戸川(右岸)コースPartIへ戻る

地点
施設

距離
所要時間

写真

コメント

他コース
連絡

江戸川水門

江戸川区
東篠崎町

11.9km

55

「武蔵野の路葛西コース」の終点であり、また、旧江戸川と江戸川の本流とが交わるところでもあります。この辺から、風景が広々としてきます。
江戸川水門を千葉県側に渡ると、すぐに行徳橋(行徳可動堰)に至り、妙典方面に進みます。

旧江戸川コース

江戸川右岸コースPartI

武蔵野の路
水元・柴又コース

(都道451号線)

4.6km

20

今までのカミソリ堤防から、広々とした土手のてっぺんを走るようになり、いよいよサイクリング本番、といった感じです。京葉道路の橋は、いったん土手の下に下って越えます。目立たぬところに、「海から10km」の標識があります。この一帯は、8月上旬には、江戸川花火大会の会場になります。

水元・柴又コースの案内板(366KB)

 

市川橋

(小岩菖蒲園)

江戸川区
北小岩
3丁目

WC コンビニ

16.5km

75

鉄橋が見えてきたら、そろそろ市川橋です。まず、総武線の下をくぐり、次に千葉街道をくぐり、最後に京成電鉄の鉄橋を越えます。全て越えたところに、小岩菖蒲園があります。菖蒲園の背景は、対岸の高いビルでミスマッチではありますが。小さいながらも、心休まる一角です。
江戸川駅のそばに、コンビニがあります。

 

武蔵野の路
水元・柴又コース

(都道451号線)

4.0km

15

 市川橋を過ぎると、対岸の里見公園の緑が広がってきて、自然がいっぱいになってきます。江戸川の河川敷がずっと野球場になっているので、休日には人でにぎやかです。途中には、「海から15km」の標識があり、それを過ぎるとまもなく北総線の鉄橋をくぐります。

 

柴又土手

(矢切の渡し)

葛飾区
柴又
7丁目

WC コンビニ

20.5km

90

左手に公園が見えてきて、歩行者がやたらに増えてきたら、もう柴又です。ここに自転車を止めて、柴又帝釈天や寅さん資料館をみたり、矢切の渡しの船に乗ってみてはいかがでしょう?
この辺、著名な観光地帯なので、かなり歩行者がいます。通行には注意してください。

柴又観光地図の案内板(328KB)

 

武蔵野の路
水元・柴又コース

(都道451号線)

2.1km

7

人をかき分けた後には、左手に金町浄水場が見えてきます。かなりスピードが出るところですが、水戸街道と常磐線の橋を、土手の下に下りてくぐります。あともう一息、がんばれ!

 

金町土手

葛飾区
東金町
7丁目

コンビニ

22.6km

97

路面に、「左水元公園」と書いてありますので、見落とさずに、そこで土手を降りると、写真の交差点に至ります。
水元公園には、横断歩道を渡ってから、写真前方の桜並木の道路を進みます。
土手を降りずにそのまま進むと、すぐに葛飾橋に着きます。

江戸川中流コース

武蔵野の路
水元・柴又コース

 

4.8km

20

進んでいる、桜並木の道路は、周囲より高いことにお気づきでしょうか。昔、「桜土手」と呼ばれていたところで、江戸の町を水害から守っていた堤防だったそうです。
じきに、写真の交差点に着きますので、横断歩道を渡って、斜め左前方に進みます。
なお、渡って左に
200mほど先には、コンビニがあります。

 

水元公園

葛飾区
水元公園

WC 売店

27.4km

117

 交差点を越えるとすぐ、田園風景が広がってくることに驚くでしょう。東京の外れですが、こんな広い緑地があるなんて意外だ、と思うはずです。
実際、都内唯一の水郷地帯というふれこみで、自然いっぱいなので、走ってきた疲れが吹き飛ぶことでしょう。ああすばらしい、の一言。

水元公園のリンク(都公園協会)

 

  

ちょっと遠いですが...まだまだいける方は、

江戸川中流コースへ進む
 

もう、疲れちゃった人は...

 

トップページへ戻る
  

 

※本サイトは、画面の解像度を1024x768ドット以上に設定すると,きれいにご覧いただけます。

(c) Copyrights Reserved 2000-2005. Unauthorized copy and duplication is prohibited.
Composed and designed on WindowsXP and IE6.0

Last Updated : October 30, 2005
Original : October 9, 2000