旅先選びの羅針盤

気分がハイテンポな海外旅行都市情報

kibunhigh's Overseas City Guide & Travel Log

www.kibunhigh.net

 

各都市の情報・印象に移動

ベルギー国旗ベルギー国章

ベルギーの概要

【国/地域の諸元・統計】
正式国名(日本語) ベルギー王国
正式国名(現地語) Royaume de Belgique / Koninkrijk Belgie
ISO国コード BE / BEL / 056
面積 30,528km2(140位)
人口(2013年) 11,195,138人(77位):世界銀行統計
人口密度(2013年) 366.71人/km2
宗教 キリスト教(カトリック)
公用語 フランス語、オランダ(フラマン)語、ドイツ語
通じる言語 フランス語:★★★★★…地域による フラマン語:★★★★★…地域による 英語:★★★★☆…言葉では不自由しないはず 
通貨 ユーロ(EUR)
国家連合加盟状況 EU、OECD、シェンゲン協定
名目GDP(2013年) 508,115百万ドル(26位) / 1人当たり45,387ドル(16位):世界銀行統計
先進国 ★★★★★
在留邦人数 5,677人(2013年):外務省統計
日本人渡航者数 111,690人(2012年):JATA統計
【付加価値税(消費税)】
名称 付加価値税(TVA)
税率 21%(内税)
軽減税率 あり:公共交通、食品...6%
【物価水準】
コーヒー(飲料) 2.70ユーロ(Starbucks、Grandeサイズ)→日本円換算約378円(2014年8月現在)
ファストフード (比較資料なし)
食事の予算【一人当り最安】
大雑把な金銭感覚 5ユーロ紙幣が約1,000円、10ユーロ紙幣が約2,000円
【入出国管理】
ビザ取得の要否 不要(観光・商用) ※日本国籍の場合
滞在可能期間 シェンゲン圏内で90日(6カ月のうちに90日間限度)
入国カード・書類 なし
生体情報の収集 なし
特記事項 シェンゲン協定加盟国のため、入国審査は圏外から最初に入る空港で受ける(ベルギーの空港とは限らない)。※税関検査は、一応到着したベルギーの空港
【旅行関係】
旅行先としてのおすすめ度 ★★★☆☆ ... 観光地としては地味ながらも、文化の歴史的な蓄積は一見に値します。
リゾート度 ★☆☆☆☆ ... リゾートっていう感じではありません。
長所 狭い国土の中に2つの民族が、時に対立しつつも共存してきたコスモポリタンな国です。そのためか、ヨーロッパの国の中では外国人への扱いが慣れているような気がします。
考慮すべき短所 いつも2つの言葉が併記されている複雑な国です。まあ英語を話し通せる国ですが。。。
旅行手配について 特定のコースでなければ個人手配で問題なし
一人旅の快適さ ★★★★☆ ... 目立った不自由はありません
世界遺産 11箇所
【治安・安全】
水道水を飲めるか ★★★★☆ ... 問題ありませんが、ミネラルウォーターのほうがおいしいです。
夜間屋外を一人歩きできるか ★★★★☆ ... 注意していれば問題ないでしょう。
【生活利便性】
日常生活必需品調達の利便性 ★★★★☆ ... スーパーマーケットが比較的見つけやすく、物資の調達には困らないでしょう。
お店での商品の価格表示 定価表示(内税)
クレジットカード利用可否 ★★★★★ ... 一般のお店でも使用できます。
チップの習慣 あり
【交通事情】
公共交通機関の利便性 ★★★★★ ... 都市内、都市間の公共交通機関が完備されており、それらの機関で移動が問題なくできます。
タクシー メーター
自動車を運転できるか
道路標識の言語 フランス語/オランダ語
道路の通行方法 右側通行
【通信事情】
国際電話国番号 +32
郵便局・郵便物配達の信頼性 (調査していません)
インターネットの利用可否 ★★★☆☆ ... ホテルにネット接続されているPCがあるはず。接続速度が遅いホテルもある。
インターネットの通信速度 ★★★☆☆ ... 日本のサイトとの接続が若干遅めです。地元のサイトならば普通に通信できます。
【携帯端末通信事業者】
事業者名-1 Mobistar BE
プリペイド料金プラン なし
iPad通信プラン なし
国際ローミング
コメント 信じられないことに、プリペイドの料金プランが存在しません。2年縛りの契約しか受けていないと言ってました。。。国際ローミングに頼るしかありません。
URL Mobistar[フランス語]

【コメント】
ベルギーは、北海道の半分ほどのエリアに約1000万人住む過密した国で、それも言葉の違う民族が同居しているので歴史的にも紛争が多かったながら、今日も1つの国家であるのがとても不思議です。そんな国なのでヨーロッパの他国との同盟を早くから推進した国で、欧州連合が成立した現在では、その事務局や議会など主要な機能がベルギーに置かれています。ここまで読むと、ベルギーはビジネス色が強い国なのかと思いきや、王室がある歴史のある国で、首都のブリュッセルでさえも中世からの広場がそのまま現在でも存在します。あと、世界のダイヤモンド取引の大半がベルギーを通っていると言われ、アントワープではダイヤモンドが買えるそう(きらきら)。

【リンク】

在日ベルギー大使館ページ

外務省各国・地域情勢ページ

外務省海外安全ホームページ

 


 

ベルギーの街たち

ブリュッセル(Brussels ; BRU)【首都】【世界遺産】 ブリュッセル市章

緯度 緯度 N50度51分1.224秒(50.85034), 経度 E4度21分6.156秒(4.35171)

2011年10月旅行

コスモポリタン度:★★★★★
観光おすすめ度:★★★☆☆

ユーロスターでパリへ直行するのは芸がないと思い、ユーロスターのもう一つの行き先であるブリュッセルに足を踏み入れることにしました。わずか2泊の滞在で、中日に雨に降られたため、思ったように街歩きを楽しめませんでした。しかし、滞在したホテルが旧市街の中心だったため、気軽に街歩きができました。
ブリュッセルはベルギーの首都で、EU本部もある重要な街にしては街が小さく、観光スポットも狭い範囲に固まっているために、ここが本当に国際都市かと疑いました。しかし、ベルギーが複雑な国で、フランス語とオランダ語が公用語のため、過去に争いがあり、現在もコミュニケーションが複雑だと思われます。観光局が2つあるというのも異常で、この土地を物語っているでしょう。通りの名前もフランス語とオランダ語の名前があるといった具合です(サインの例)。西欧の首都にしては中世のヨーロッパの街並みがそのまま残っていて、その建物がそのまま使われている風情のある街です。どちらかといえばビジネス都市ですが、観光資源も多く、観光客が多く訪れていました(日本人は少ないですが)。ホテルが街の中心にいくつもあり、料金も手ごろなので、滞在しやすい街です。
旧市街の中心はグランプラスという広場で(世界遺産)、街歩きの起点になる場所です。グランプラスから徒歩5分くらいで国鉄の中央駅に着くので、街がいかにコンパクトで観光に便利かお分かりでしょう。グランプラスには市庁舎と博物館があり、小便小僧の各国からの衣装が見られます。グランプラスの少し南には、有名な小便小僧の銅像があります。ちなみに、放尿の勢いはとても良いです(笑)。初めて見ると、おそらく想像より小さくて驚くかと思います。街歩きで特徴的なスポットはそんなものですが、王立美術館は一見の価値があります。大きなミュージアムではありませんが、宗教画のコレクションに特徴があります。以上の街の中心部を歩くにはメトロやバスに乗る必要はありませんが、メトロでEU本部のあるビルや凱旋門に行くことができます。
ここはスイーツが特筆すべきで、ワッフル(フランス語発音では、ゴーフル)が毎日のおやつといった感じで楽しめます。焼き立てで硬くなく、ちょうどたい焼きのようです。また、チョコレートも有名で、ゴディバもここブリュッセルが本元です。

ベルギー観光局(ワロン・ブリュッセル)サイトへのリンク [日本語]

ブリュッセル市観光局(フランダース)サイトへのリンク [日本語]

STIB(Societe des Transports Intercommunaux de Bruxelles:ブリュッセル交通局)サイトへのリンク [英語・フランス語]

(拡大画像の容量 : 約3.69MB)  

このページの先頭に戻る