旅先選びの羅針盤

気分がハイテンポな海外旅行都市情報

kibunhigh's Overseas City Guide & Travel Log

www.kibunhigh.net

グアム タモンビーチ

 

各都市の情報・印象に移動

アメリカ合衆国領グアム州旗アメリカ合衆国領グアム州旗

グアム(アメリカ合衆国領)の概要

【国/地域の諸元・統計】
正式国名(日本語) アメリカ合衆国領グアム
正式国名(現地語) Guam, United States of America
ISO国コード GU / GUM / 316
面積 549km2(191位)
人口(2013年) 165,124人(184位):世界銀行統計
人口密度(2013年) 300.77人/km2
宗教 キリスト教(カトリック)他
公用語 英語およびチャモロ語
通じる言語 英語:★★★★★、日本語:★☆☆☆☆...観光地では通じる
通貨 USドル(USD)
国家連合加盟状況 国連安全保障理事会常任理事国、OECD、APEC、NAFTA
名目GDP(2012年) (該当データなし)
先進国 ★★★★★
在留邦人数 4,280人(2013年):外務省統計
日本人渡航者数 929,229人(2013年):JATA統計
【付加価値税(消費税)】
名称 なし
税率 なし
軽減税率 なし
【物価水準】
コーヒー(飲料) (該当データなし)
ファストフード (該当データなし)
食事の予算【一人当り最安】
大雑把な金銭感覚 1ドル紙幣が約100円、10ドル紙幣が約1,000円
【入出国管理】
ビザ取得の要否 不要(観光・商用) ※日本国籍の場合
滞在可能期間 45日 / 90日(延長不可)
入国カード・書類 あり(税関申告書、I-94/I-736フォーム)
生体情報の収集 あり(顔写真、両手の指紋)
特記事項 ESTA認証済みの場合は、滞在日数は90日間。グアム-北マリアナ諸島のビザ免除プログラム利用の場合は、滞在日数は45日間。
【旅行関係】
旅行先としてのおすすめ度 ★★★★★ ... 海外旅行初心者におすすめ。日本からわずか3時間半です。
リゾート度 ★★★★★ ... そりゃ、ビーチリゾートですよ。
長所 日本から近い海外です。ファミリーでも気軽に行ける点。買物もできます。
考慮すべき短所 日本ぽくってあまり海外に来たような気がしない点でしょうか。
旅行手配について 原則パッケージツアーで。
一人旅の快適さ ★★★☆☆ ... 一人でも概ね楽しめます。少し寂しいかな。
世界遺産 なし
【治安・安全】
水道水を飲めるか ★★★★★ ... 飲めますが、あまりおいしくないです。ミネラルウォーターを飲んだほうがよいでしょう。
夜間屋外を一人歩きできるか ★★★★☆ ... 特に問題はないですが、一応注意してください。
【生活利便性】
日常生活必需品調達の利便性 ★★★★★ ... スーパーマーケットやABC Storeなどのコンビニが利用しやすいです。
お店での商品の価格表示 定価
クレジットカード利用可否 ★★★★☆ ... ほぼ問題なく使用できます。JCBカードもかなり通用します。
チップの習慣 あり
【交通事情】
公共交通機関の利便性 ★☆☆☆☆ ... 公共交通機関は、タモン地区のバスしかありません。
タクシー メーター
自動車を運転できるか
道路標識の言語 英語
道路の通行方法 右側通行
【通信事情】
国際電話国番号 +1(-671)
郵便局・郵便物配達の信頼性 ★★★★★(USPS) ... ネット通販の配達手段として広く普及しているほど、信頼性が高いです。
インターネットの利用可否 ★★★★★ ... インターネットなしでは日常生活に支障をきたすほどネットに依存します。
インターネットの通信速度 ★★★★☆ ... 大陸から離れていて、速度が低下する場合があります。
【携帯端末通信事業者】
事業者名-1
プリペイド料金プラン
iPad通信プラン
国際ローミング
コメント
URL

【コメント】
ミクロネシアのほぼ中心にあるグアム、日本人にとってはなじみ深い観光地です。一時よりも日本人観光客数が減ったとはいえ、いまだグアムを訪れる観光客のほとんどが日本人で、日本人観光客抜きにグアムの経済は成り立ちません。戦時中はグアムを始め、ミクロネシアの島々を占領していた面影がアガニアの街の中などにあり、意外なところで社会見学ができます。現在では、米軍の基地の島であり、アジアににらみを利かせています。
グアム島はそれほど広くはないので、観光客が滞在する場所も、タモンビーチ地区に限られており、便利です。ここは日本の歓楽街かと勘違いするほど日本色が強く、レンタカー会社も日系の会社です。
海外旅行デビューをしたい人にとっては、初めての海外旅行の目的地としては最適です。日本からわずか3時間半の距離なので、小さな子供を連れて家族旅行に訪れるのにはよい目的地です

【リンク】

ESTA申請ページ(米国税関国境警備局)

在日アメリカ大使館ビザ免除プログラムページ

外務省海外安全ホームページ

 


 

グアム(アメリカ合衆国領)の街たち

アガニア (Hagatna ; GUM)

緯度 N13度28分15.208秒(13.470891), 経度 E144度45分4.601秒(144.751278)

2006年3月旅行

コスモポリタン度:★☆☆☆☆
観光おすすめ度:★★★★★

グアム島に初めて来たからには、島の全貌と距離感を体感したいと思い、レンタカーをゲットしてドライブがてら寄った街です。ここアガニアは、英語ではアガナ(Agana)といい、米領グアムの首都です。首都というと、大都会で高層ビルが立ちはだかる有様を連想してしまうのですが、「ここって街?」というくらい閑散とした街で、標識でもないと、住宅街と勘違いして通過しそうになるくらいの街です。
首都なので、一応、行政機関や裁判所がありますが、どこにあるの?というくらい地味ですが、総督府の建物だけはご立派でした。観光スポットの少ないグアム島の中でも、幾つかのスポットが集まっているところです。車があれば、街を展望できる高台に行ってみるのもいいですし、街の中心の公園の一番南には、ミクロネシアのシンボル、ラッテストーンと、日本占領時代の数少ない名残の、防空壕があります。
グアム島の面積が東京23区の半分強で、人口が16万人程度の小さな島なので、ビーチリゾートの地区を除くと、至って静かで平和な南の島、という感じです。半日あれば、島を一周ドライブできます。基地と観光が産業の中心というところでは、沖縄とよく似た感じもしました。

グアム政府観光局へのリンク [日本語]

(拡大画像の容量 : 約240KB)

このページの先頭に戻る


タモンビーチ (Tumon Beach ; GUM)

緯度 N13度31分3.832秒(13.517731), 経度 E144度48分23.962秒(144.806656)

2006年2月旅行

コスモポリタン度:★☆☆☆☆
観光おすすめ度:★★★★★

ついに行ってきちゃいました、南の島へ(笑)!
実は、彼女ができるまでは南の島への旅行は封印しよう(解禁するなら、彼女と二人でのロマンスで決まりでしょ!)と心に固く誓っていたのですが、風水旅行第一弾♪という大義名分を以って、お手軽なグアムへと、封印を解いて、一人でのんびりまったりと過ごしてきました。ここで私が言う風水旅行とは、方角のいい所に旅行に行って、自分に合った大地のパワーと気のエネルギーをいただいてこようというものです。すなわち、リラクゼーションを海外旅行の要素に取り入れようということです。
という経緯で、タモンビーチに3泊したわけですが、ホテルのプールやビーチに入って日焼けしたり、ショッピングを楽しんだりしました。私は、今回は旅行会社を使わない個人旅行でしたが、ほとんどの場合は、旅行会社のパッケージツアーになるはずで、そのサポートは充実しています。逆に、個人旅行だと、少々不便な場面もありました。どうせリゾートするなら、予算の許す限りは、ビーチに面したホテルに滞在することをお勧めします。
タモンビーチは、グアム島の中でも最も旅行者の滞在のベースになる地区で、たくさんのホテルやショッピングモールがあります。その中でも中心となる場所が、DFSギャレリアで、周辺にもABCストアや便利なお店が多いので、利便性を重視する場合は、この周辺のホテルにしたほうがよいでしょう。グアムでも、タモンビーチの周辺では、旅行者向けの路線バスが毎日運行されていて、ショッピングモールとホテルを結んでいるので、車がなくても移動手段に困ることはありません(バス待ち時間が長くなりがちですが)。ザ・ショッピングバスという会社と、グレイラインという会社(ラムラムバス)がそれぞれトロリーバスを走らせていますが、2社共通のパスがないのが困ったものです。
離島と観光地という要素が重なって、全般的に物価は高いですが、リーズナブルなレストランやフードコートがショッピングモールやロードサイドにあって、ファミリーでもお財布はご機嫌ですよ。観光客のほとんどが日本人ということもあって、レストランの大半は、日本料理やアジア系の料理でした。滞在中一番おいしかった食事が、ラーメンでしたから(笑)。
この地区のほとんどで、日本語が通じるので、半分国内旅行の感覚におちいって、一体ここはどこの国なの?と勘違いをしておりました。勘違いといえば、こんなように、怪しげなお店がちらほらとあって、カルチャーショックでした。この程度ならご愛嬌なんですけど、日本人がグアムに求めるものってこんなもの?と内心呆れておりました。

グアム政府観光局へのリンク [日本語]

(拡大画像の容量 : 約172KB)

このページの先頭に戻る