都営交通乗車証(精神障害者専用) 非公式ガイド

本稿で紹介する都営交通乗車証は、東京都内に在住する限られた人々だけが所有するものである。誰でも保有できるものではない。

本稿は、当事者と支援者のための記事なので、関係ない一般の方は、本稿をスルーしていただきたい。
公式情報の量が少なく、この乗車証のわかりやすい手引きが存在しないので、ちょっとした利用のこつを当事者と支援者に紹介するのが本稿の目的である。

東京都に限らず、大都市部では高齢者や障害者等に対して、公共交通の乗車証を発行していることが多いが(身体障害者向けの乗車証や高齢者向けのシルバーパス)、筆者の住む東京都でも例外ではない。
本稿のタイトルにある都営交通乗車証は、精神障害者保健福祉手帳の保有者に無料で発行されるパスだ(知的障害のない発達障害者も含まれる)。制度的には、身体・知的障害者等に発行される乗車証とは別枠の、精神障害者専用の特別な無料乗車証である。
以下の要件を満たせば、この乗車証を保有できる。

  • 精神障害者手帳を保有すること(障害等級は問われない)
  • 東京都内に居住し、住民票があること
  • 所得制限はなく、発行に当たって自己負担額はゼロ

当てはまるという人は、障害者手帳を持って、以下の場所に行って乗車証を発行してもらえる。

  • 都営地下鉄定期券売り場
  • 都営バス定期券発売所
  • 多摩・島嶼地域居住者は、市町村役所(区部の役所、保健所では発行していない)

身体障害者等の乗車証と違って、定期券売り場まで出向かなければならない。
申込書に記入したら、現在は手数料無料で乗車証を発行してもらえる。

この都営交通乗車証は、以下の路線で使用できる。
通勤・通学にも利用できる。(注意:会社への交通費請求は不正がないように)

  • 都営地下鉄全線
  • 都営バス全線
  • 都電荒川線全線
  • 日暮里・舎人ライナー全線

20150814_IMG_0054-

東京メトロ線では使えないのが残念。他の大都市と違って、東京は地下鉄の経営母体が2つに分かれてしまっているので、地下鉄全線で使えないのが盲点だ。(例えば、1年間1万円程度のオプションで東京メトロにも乗り放題だとしたら、喜んで購入してしまうだろう。)
また、都営バスも、走っているのが都心と区部東部が中心なので、区部西部と多摩地域の人には恩恵を受けづらいだろう。
この乗車証は、住んでいる場所によって、フル活用できる場合と、全く役に立たない場合があいにく存在するわけだ。(これから住む場所を決められる場合は、都営地下鉄沿線、墨田区、江東区、江戸川区、荒川区、北区あたりに住むと、都営交通ばかりである。都営交通が都内全域に展開していない理由はあるのだが、機会があれば改めて紹介する。)

乗車証の媒体は、以下の3種類がある。入手の際に、いずれかのタイプを選択できる。

1.紙券

券面画像はコチラ

都営地下鉄以外の全ての発行箇所で選択、入手できる。
利用時には、乗車証を見せる。

[メリット]
– 多摩地区でも入手できる。
– 見せるだけで改札を通れるので楽

[デメリット]
– 自動改札を通過できないので煩わしい
– 日暮里・舎人ライナーの自動改札を利用するのに難がある → 磁気券を選択
– 券が紙なので濡らせない。保存に注意が必要

2.磁気券

券面画像はコチラ

都営地下鉄の定期券売り場で入手できる。現在の主流かと思われる。
利用時には、地下鉄では自動改札を利用できるし、見せて利用することもできる。

[メリット]
– 自動改札を通れる。
– ICカードのデポジットが不要
– バスでは見せるだけでOKで、楽

[デメリット]
– 限られた場所でしか入手できない
– ICカード専用の改札口を通れない
– 自動改札を通るとき、券をいちいちケースから出さないといけない
– 券面の物理的な劣化がある(うすくなる等)

3.ICカード

券面画像はコチラ

都営地下鉄の定期券売り場で入手できる。最近発行されるようになった。
パスモのデポジット500円が必要になるが、地下鉄の自動改札の使い勝手は最高だ。
原則自動改札を利用するのが、他のタイプの券と違う点だ。バスでもタップ(触れること)が必要だ。

※ 都営地下鉄の改札口から入る時と出る時は、両方とも自動改札機をちゃんと利用しましょう。

[メリット]
– プライバシーが守られる(改札機の画面には「定期券」と表示され、一般の定期券と変わらない反応。普通、乗車証を提示していると、障害者であることがバレバレなので、これはよい)
– すべての自動改札を通れ、ICカードをタップするだけで済む
カードに運賃をチャージできる (区間外の接続社線利用時に自動精算できるかもしれないが、確認していない)詳細な情報はコチラ
– 券面の物理的な劣化がない

[デメリット]
– ICカード発行のためのデポジット500円を負担する必要がある
– 限られた場所でしか入手できない
– バスを利用するときに、ICカードをタップしなければならず、正直面倒

デポジット500円を払ってもいいという場合はICカード、嫌という場合は磁気券を選択するというのが現実的な選択肢だろう。ICカードのタップが面倒/できないという場合も、磁気券でよいかと思う。

この乗車証の実際の使い勝手は、2年間有効の都営線全線定期券といった感じで、案外抵抗なく利用できるかと思う。
券面が汚くなった時や、紛失したときには定期券売り場で再発行ができる。
また、乗車証の期限がきたときには、一般の定期券のように継続ができるというが、その際障害者手帳が更新発行されていなければならず、継続制度はあまり意味がないかと思う。どのみち有効期間は手帳と同じ2年間ぽっきりなので。

20150814_IMG_0057-

東京都の無料乗車券は結構複雑で、身体障害者用の乗車証とばらばらであり、利用する側にとっては分かりづらい。これは、身体・知的障害者と精神(発達)障害者とが行政の窓口が違うことと関係しているのかもしれない。乗車証はもちろん、行政窓口も一本化できないものかと思っている私である。

(参考文献:東京都ウェブサイト – http://www.fukushihoken.metro.tokyo.jp/shougai/nichijo/jousyasyo.html)