自立支援医療(精神通院)と処方せん

精神疾患で病院やクリニックに通院する時、診察の後にもらう薬は、院外処方として処方箋をもらうだろうか、それとも院内処方として医療機関で薬をもらえるだろうか。
かつて、厚生労働省が医薬分業を推進した結果、患者に処方箋を交付して院外薬局で薬を処方する院外処方が主流になっているはずだが、精神科の中には、現在でも医療機関で薬を処方する院内処方を行っているところを目にする。

精神科にかかって院内処方で薬をもらった時は時代遅れだと思って大変驚いた記憶があるが、院内処方のメリットとしては、外部の処方薬局に薬を取りに行く必要がないので、楽である点、精神科の場合は、プライバシーが守られやすいといった点が考えられる。

あと、院外処方にする場合、自立支援医療に対応している処方薬局を探すのが大変である(精神系の薬をあまり置いていないせいかな?)。精神科医療機関の近くの薬局でないと、院外処方は難しそうだ。実際、自宅の近くの薬局では対応していなくて利用できなかったことがある。

筆者の場合は、病院自体は院内処方を行ってはいるが、あえて処方箋をもらって院外処方にしている。
その理由があきれるのだが、かかっている精神科の病院(入院できる)において薬剤師が急患の対応に当たった場合、その間外来患者のために薬を処方できないという人員不足の問題だ。院内処方をするのならば、常時行ってほしいが、それができないことがあるから、院外処方にせざるを得ないのである。

20150829_prescription

自立支援医療を利用している場合の処方せんは、公費負担に関する番号の記載がぎっしりである。自立支援医療は公的制度による援助なので、公費負担と呼ばれる。

さて、自立支援医療制度(精神通院)を利用する場合、かかる医療機関(病院・クリニック)、薬局、その他の機関を必ず指定するが、各1か所づつだけである。例えば、症状によって2つのクリニック・薬局に通っている場合でも、2か所は指定できないと解釈される。
(医療機関について追加の必要がある場合は例外措置があるようだが、追加の申請が必要で、その申請が通るのかどうかはよくわからない。)

自立支援医療受給者証(精神通院)

ただし、医療機関で院内処方で薬をもらっている場合でも、院外処方用の薬局を指定しておくことはできる。
そんなわけで、前述した病院では、院内処方ができない時のために、院外薬局を指定しておくように患者のことを指導している。筆者は、ある時に院内処方だったり、ある時は院外処方だったりするのが嫌なので、院外処方に統一しているのである。(その薬局では、他にも内科等の薬ももらっているので、かかりつけ薬局として利用する形になっている。薬剤師がすべての薬をチェックして、患者に指導してくれるので、のみあわせチェック等のメリットはある。)

余談だが、精神科デイケア(リワークプログラムを含む)を利用する場合にも自立支援医療を受けることができ、その他の機関として申請時に指定する。かかりつけの医療機関でデイケアが提供されていない場合に、他の医療機関も指定できるとのことである(他の医療機関の場合は、デイケア側が受け入れてくれることが条件になると思われる)。

(参考資料:自立支援医療(精神通院医療)についてのQ&A 東京都 – http://www.fukushihoken.metro.tokyo.jp/shougai/nichijo/tsuuin.files/qanda.pdf)