糖質制限を続けて10kg減量成功!

2015年最後の記事は、筆者自身の衝撃的な記事で締めくくろう。

20151231_gohan151214218637_TP_V

筆者の体重が、なんと今年8月のピーク体重からわずか4か月で10kg以上減少したのだ。やればできるとは、まさにこのことだろうか。
糖質制限ダイエットを始めてから1か月で明らかに体重が減少し始めた顛末は、コチラの記事に公開してある通りだ。本記事は、その記事の続編である。

まずは、体重とBMIの推移は下表のとおりだ。

測定日付 体重 BMI 内容
8月22日 100.40kg 29.3 ピーク体重
8月29日 99.05kg 28.9 夕食ライス半分
9月05日 98.40kg 28.8 夕食ライス半分
9月12日 98.70kg 28.8 夕食ライスなし
9月19日 96.90kg 28.3 夕食ライスなし
9月26日 96.70kg 28.3 夕食ライスなし
10月03日 96.90kg 28.3 夕食ライスなし
10月17日 95.65kg 27.9 夕食ライスなし
10月24日 94.65kg 27.7 夕食ライスなし
11月01日 93.55kg 27.3 夕食ライスなし
11月07日 93.50kg 27.3 夕食ライスなし
11月16日 92.45kg 27.0 夕食ライスなし
11月23日 92.20kg 26.9 BMI27.0割れ
11月28日 91.15kg 26.6 夕食ライスなし
12月06日 91.90kg 26.9 夕食ライスなし
12月12日 91.35kg 26.7 夕食ライスなし
12月19日 89.95kg 26.3 体重90.0kg割れ
12月26日 89.30kg 26.1 夕食ライスなし

筆者の行っている糖質制限の方法はゆるやかなプチ糖質制限で、夕食のライスを原則なし(外食の時はそれに限らず)、ランチのライスを半分程度にするという程度である。
ただし、ひとつのガイドラインとして、1日当たりの糖質摂取を概ね130g程度に抑えている(※1:リチャード・バーンスタイン博士が提唱している数値)。ライス1杯約50gの糖質が含まれているから、その閾値はあっという間に超えてしまう。
病院食でもライスの量が結構多いので、要注意である。

以上のことから、糖質制限が効果的であることがお分かりだろう。

最終的な目標はBMI25.0を割ること(体重は概ね85.0kg)なので、筆者にとってはもうしばらく精進が必要だ。

(※1参考資料:糖質.jp http://toushitsu.jp/knowledge/advice/advice03/)
(アイキャッチ画像出典:ぱくたそ https://www.pakutaso.com/userpolicy.html)