ヘルプマークの使い勝手

最近マスコミでも紹介されるようになった表記のヘルプマークを、本ブログでもご紹介しておきたい。

ヘルプマークは、東京都においては都営地下鉄の駅や都営バスの営業所、多摩モノレールの駅などで配布しているマークで、対象者(下記)が申し出れば誰でももらえるマークで、かばんに付けて使用することができる。当初は東京都内での展開であったが、ここ最近はほかの道府県にも広がっている状況である(お住まいの市町村へお問い合わせされたい)。

ヘルプマークの詳細については、東京都のウェブサイトに完全な説明がある。

ヘルプマーク 東京都福祉保健局

20160614_IMG_0151

対象者について

早速困ったのが、対象者の定義があいまいな点で、内部障害などの何らかの援助が必要な人ということになっており、対象障害者が特定されていない点である。
上記のウェブサイトには、「内部障害や難病の方、または妊娠初期の方など、外見から分からなくても援助や配慮を必要としている方々」と例示されている。

この定義をみる限り、妊娠初期の妊婦さんも対象なので、マタニティマークを付けるのを避けたいという場合にはヘルプマークをもらって使用できる。

これら対象者の属性と、このマークが官公署に加え、交通機関の駅でも配布されていることからも、ヘルプマークが「席譲ってもらえませんかー」マークという一面が否めない。
本来は、援助が必要な人に対する援助の内容が記載されたマークなのだが、誤解されかねない。

精神・発達障害者等への必要性

そもそもの問題が、精神障害や発達障害、知的障害者が定義に含まれていないのが問題である。

特に、精神障害者では、疲れやすく、調子が悪い時には立っていられないことがあるので、特に朝夕ラッシュ時には優先座席が必要なことがあるが、外見上不具合があるように見えないため、公衆空間で配慮してもらうことが難しい。

調子が悪くないときは、概ね普通に動けることから、ヘルプマークはあくまでも非常用と割り切り、カバンの中にしまって使用しないことにしている。この点は、マタニティマークの使い勝手と共通しているのかもしれない。

そもそも、席を譲ってくれるのか?

このヘルプマークの課題は、現在のところ東京都と一部の道府県でしか配布されていないので、対象者が必ずしも多くなく、その分一般の人々の知名度も低いことにある。

ヘルプマーク以前に普及したマタニティマークの評判が、ネット上を見る限りよくなく、使用をためらうなどの不自由がみられるようだ(実際に、マナーの悪い対象者がいて、彼女たちが席に急ぐ光景を見たことがある)。

それと同じことが、ヘルプマークでも起こるのではないかとなんとなく感じる(席を譲ってもらえないので、我先に席へ急がざるを得ない)。

あくまでも、ヘルプマークは適正に使用しなければならない。

適正使用されないマナーの悪い状態が続いてしまうと、譲る側の理解が得られず、結局はヘルプマークの仕組みが機能しなくなってしまうと思う。
そんなわけで、優先座席に座ったとしても肩身が狭い気がするので、普段はカバンの中にしまっている。

(2018年1月11日 本文再構成)