事業者別障害者割引制度:伊豆箱根バス(静岡県・神奈川県)

箱根の山をめぐっては、東急(小田急)と西武の覇権争いが昔あったことは広く知れたことであるが、バスの精神障害者向けの運賃割引は、現在のところ、西武系の伊豆箱根バスに分がある。

バスの営業地域については、一般的には1社での地域独占が認められているのだが(その代わり運賃の届け出が必要)、神奈川県の小田原・箱根地区はちょっと特殊な地域で、同一路線を西武系の箱根登山バスと小田急系の箱根登山バスが、それぞれ連携なしで運行している珍しいところである。乗客的には、割引の有無で乗車するバス会社を選べる稀有な地域ともいえる。

伊豆箱根バス(西武グループ)では、身体・知的障害者だけではなく、精神障害者を含めた三障害の区分すべての障害者に対して、同条件で割引が提供されている。

ちなみに、小田急系の箱根登山バスに関しては、精神障害者に対する割引を行っていないとのことである(営業所に確認済。割引する約款は存在するが、それを適用せずに割り引かないとのこと。。。)。現在は身体・知的のみの割引であるが、こちらは箱根フリーパスを購入して乗車したほうがいずれにせよおトクで、現実的ではある。

※(免責事項)以下の情報は本稿執筆時点の概要であるため、実際に利用される際には、詳細について当該事業者に各自確認をお願いします(特に介護人の付き添い要否に関して)。

【対象者】

精神・身体・知的障害者

障害者本人(および介護者1名【第一種のみ】)

【対象区間・設備】

全区間(高速バスは対象外)

【運賃割引率】

50%(半額:障害・等級による区別なし)
定期券も割引あり

【予約・購入方法】

バス車内で運賃を支払う際に、手帳を提示する。

【乗車券様式】

(バスのため、該当なし)

【備考】

運転手による介助が必要になる場合は、詳細をバス営業所まで確認されたい。

伊豆箱根バスにもフリーパスがあり(箱根旅助け:2日間有効\3,000)、多区間乗車する場合には当該フリーパスのほうがおトクになる場合があるので、要注意。

【情報出所(公式HP)】

http://www.izuhakone.co.jp/bus_use%20guidance_waribiki20161019.pdf
http://www.hakone-tozanbus.co.jp/how/etc.html

最後になるが、運賃の障害者割引の提供有無は、運送約款の規定によらず、最終的には各事業者の判断となる。この割引制度は各事業者の好意と理解によって成り立っていることを理解された上で利用されたい。