Windows10のデスクトップ画像を華やかにする(Windowsスポットライト)

2015年6月初めに本ブログが立ち上がってからちょうど2年間が経ち、おかげさまで3年目に入ることができた。ひとえに読者の皆様のサポートがあってのことと感謝したい。
乗り鉄の新規ネタを増やすことができないにもかかわらず、一日当たり数百のページビュー、1か月で約3万ほどのページビューをいただくまでに成長することができた。

その記念というわけではないが、久々のパソコンネタで、無料で皆さんにも実践できるワザをご紹介したい。

Windows10限定ではあるが、マイクロソフトから毎日日替わりでパソコンに配信される美しい風景の画像をロック画面や、ひと手間かければデスクトップにも流用可能であるので、その手順を紹介したい。

Windows10にログインするときの画面およびロック後の画面が自動的に日替わりの美しい風景画像になっていることを最近発見し、その画像をデスクトップでいつでも眺めたいと思うのである。

いずれの設定も、設定-個人用設定にて行うことが可能である。

まずは、個人用設定の中の、ロック画面。この背景を、「Windowsスポットライト」にすると、1日ごとに日替わりでロック画面が自動的に切り替わる。この元画像は、毎日マイクロソフトから配信されてくるものである。

その配信ファイルの正体は、深い階層のフォルダに格納される。パスは、以下のとおりである。(以下の場合は、Cドライブにファイルが格納される場合。)

C:\Users[ログインアカウント名]\AppData\Local\Packages\Microsoft.Windows.ContentDeliveryManager_cw5n1h2txyewy\LocalState\Assets

注意:このパスは、予告なく変更される場合が考えられるので、留意されたい。

当該フォルダには、拡張子なしの長ったらしい名前のファイルが毎日たまるようになっている。

このうち、数百キロバイトの容量の実体のあるファイルを、ピクチャなどの別のフォルダにコピーし、.jpgの拡張子をつけてあげる。
その上で、再び上記の個人用設定の画面を開く。

背景を「スライドショー」にし、画像の切り替え間隔を1分にすると、デスクトップが美しい風景で覆われるというわけである。
スライドショーにすることや、1分間隔にすることは全く個人の好みであるので、ご自身のお好みで設定されたい。

当該ファイルを毎日コピーするのがひと手間ではあるが、デスクトップが間違いなく無料で華やかになるので、お勧めしたい。

(アイキャッチ画像には、ぱくたそを利用。)