レンタルサーバ業者変更の顛末(WordPressのXserverへの移転;ドメイン名変更なし)

本稿は、本ブログ運営上のサーバの話題になる。ドメイン名を変更しないでデータ(データベース情報およびファイル)のみを他の業者に移転する手順を紹介するページである。
したがって、鉄ヲタネタをお求めの読者様で、システムネタが苦手な方は、本稿をスルーしていただきたい。

本稿は筆者自身の備忘録であるが、同じようにレンタルサーバの移転を検討されている方への貴重な?体験記としてアップしたい。幾度の失敗を重ねた上での成功であった。
なお、本稿が閲覧できるようになった前に、システムメンテナンス状態で本サイトが一時的に閲覧しにくくなったのは、この作業が理由である。

レンタルサーバの変更を検討したのは、ひょんなことからサーバ上から画像データを喪失してしまったのだが、本ブログのシステムであるWordpressのデータベース情報を旧サーバ上で復元できなかったので、業者変更でデータの復元を図るという、実は苦渋の選択であった。

ちなみに、旧サーバの業者はGMOのお名前レンタルサーバ、新業者はXserverである(サポートはあまり期待しないほうがいい)。

次が、サーバ上のデータ移転の手順である。決して簡単ではないが、やって成功してみると、実はそんな難しいことをしているわけでもないので、あきらめずにトライを。

本手順を紹介したサイトは多数存在するが、その手順ではどうもうまくいかなかったので、うまくいった一例として以下の手順を参考にされたい。筆者が試行錯誤したうえでの独自の手順である。本稿で紹介する手順がすべてのケースで正しいとは限らないので、参考程度にしていただきたい。
Xserverでは、作業が失敗した場合でのデータリセット機能があるので、作業のやり直しがある意味楽であった(サーバーパネル上から操作可能)。

1.旧サーバ上でのデータのバックアップ(PCへのダウンロード)

本稿では、データベースの操作を、phpmyadminで行っている。SSH接続など他の方法を試したものの、結局phpmyadminで落ち着いたのである。

データベースのエクスポート作業で留意すべき点は、生成オプションの項目にある追加コマンドの、上から2番目にある、

「DROP TABLE / VIEW / PROCEDURE / FUNCTION / EVENT / TRIGGERコマンドを追加する」

のチェックボックスを必ずONにすることである。
デフォルトではチェックボックスがONなっていないので、忘れないようにしたい。

2.新サーバ上でのドメインの作成(設定)

Xserverのサーバーパネル上で新規にドメインを作成する。すでに運用しているドメイン名と同じ名前で設定する。
Xserverの場合、執筆時点では新規申込から10日間の試用期間があり、代金の支払いを猶予できるので、移転が成功できそうな時点まで支払いを控えるというのが賢い利用の仕方だと思う。

3.My SQLデータベースの新規作成

同じく、サーバーパネル上から、MySQLの新規データベースを作成する。
この辺は、同社のマニュアルのほうが詳しいかと思うので、詳しい手順は省略する。

4.Wordpressのインストール

この手順よりもデータベースのインポートを先に行うという情報が多いが、筆者の場合はそれでうまくいかなかったため、先にWordpressのインストールおよび初期設定を行い、Wordpress自体が新サーバ上で動作することを確認することにした。

WordPressのインストール自体はサーバーパネル上の自動インストールでも支障ないが、ダウンロードから手動インストールを行ったほうが最新バージョンをインストールができる分いいかと思う。

5.Wordpressの初期設定、起動

この手順で、上記3.で作成したデータベースの登録を行って、Wordpressが動作するように設定を行う。
以下には多くの操作画面を掲載するが、安全上の理由から、ほとんどの具体的な設定値を網掛けしているのでご了承いただきたい。

(1) WordPressをインストールしたディレクトリにアクセスする。
(例)http://hogehoge.com/blog/

(2) 以下の画面が表示されたら、Wordpressがまずは動作していることになる。そのまま次の画面に進む。

(3) 次の画面が表示されたら、上記手順3.で登録したデータベースの詳細を入力する。

Xserverの場合は、

データベース名: (ID)(データベース名)
ユーザー名: (ID)
(ユーザー名)
パスワード: (パスワード)
データベースのホスト名: mysql〇〇.xserver.jp
テーブル接頭辞: wp_ →普通は変えなくてもよい

である。

(4) データベースの設定が無事に完了すると、次の画面が表示され、インストールが開始する。

(5) 次の画面では、Wordpressの管理画面のログインに必要な情報を入力する。

(6) 以上でインストールが完了し、管理画面へのログインが可能となる。

6.myphpadminを利用した既存のデータベースのインポート

この手順が要の本番である。データベース名の制限が業者によって異なるため、1.の手順でエクスポートしたsqlファイルのインポートが一発では進まないはずである。エラー#1044(Access Denied)が実際に表示され、先に進めなかったのだが、結局は唯一の方法として、このSQLファイルをいじることで解決できた。
エクスポートしたSQLファイルを扱えるかどうかはレンタルサーバ業者の設定によるが、Xserverの場合は実際、数十MBの容量のファイルを扱うことができた。
次の画面では、テキストファイルの秀丸を利用して修正を試みた。

この#1044のエラー解決の方法、Xserverのサポートに問い合わせてもこの答えを明言してくれなかったが、ネット上の情報で何とか想像できるに至った。自分以外はあまりあてにならないものである。

このファイルの場合、お名前レンタルサーバから出力されたファイルであるため、データベース名を修正しなければならないわけである。
具体的には、上表22行目と23行目を丸々削除して、24行目にあるデータベース名を、Xserverで設定したものに上書きして変更すればよい。

これを、任意のテキストエディタを使用して上書きすればよい。筆者の場合、一例として秀丸を利用したが、データベースファイルが100MB近くあり、一発で開くことができなかった。

しかし、上のダイアログボックスで示唆されている通り、動作環境での設定で、編集可能な最大行数を増やしてあげればよい。

最終的には、SQLファイルの記述は次の通りになればよい。(20行目はコメント行なので、あってもなくてもよいのだが。)

これでようやくインポートの準備ができたので、phpmyadmin上でインポートを実行する。

SQLファイルの容量が大きいため、アップロードに数分時間がかかったが、無事に完了した。

7.Wordpress上のデータの動作確認

これでデータの移動は終了なので、Wordpressがちゃんと動作するかどうかを最終的に確認する。
これは、PC上のHostsファイルを次のように一時的に書き換えることで行うことができる。(ドメイン名と新サーバのIPアドレスを対応させる。)
確認が終わったら、当該Hostsファイルを変更前の元の状態に戻すことをお忘れなく。

C:\Windows\System32\drivers\etc\hosts

(Hostsファイルの設定例)
IPアドレス kibunhigh.net(→ドメイン名)
IPアドレス www.kibunhigh.net

2行目はあってもなくてもよいので、よければ入れてみてほしい。

8.ドメインのDNSサーバの変更(移管)

これまでの手順に成功して、いよいよ新サーバに移行できる状態になったら、ドメイン(名)のDNSサーバを変更する。本手順への移行は、慎重に行われたい。

本手順の過程で、新サーバの情報が見られるようになるまでに、数時間から2,3日の時間がかかることがあるので、旧サーバ上でのサービスダウンの告知を行うことをお勧めする。

本当はそういったところなのだが、実際はDNSサーバ切り替えから2時間弱で新サーバにつながった。今回はラッキーだったかと思う。

ドメインの管理業者も移転するのでなければ、ドメイン管理業者の設定を少し変えるだけなので、大した手間ではない。

他社のサービスを利用されている方にはそのまま当てはまる手順ではないが、おおよその流れとして参考にされたら幸いである。