事業者別障害者割引制度:アルピコ交通上高地線(長野県)【参考】

本稿では、長野県松本市を走るアルピコ交通の電車、上高地線における同社の対応を参考まで共有したい。

精神障害者に対する福祉割引制度が適用されない会社なので、本来は本稿の対象外なのであるが、地元松本市民に限っては1回100円で利用できる市の制度があるので、行政支援のケースとして一応共有しておきたい次第である。

なお、地元の一般路線バスについては、同社情報によれば松本市民に限らず、障害者手帳の保持者に対して割引の対象になる。同社の対象路線が複雑なので、詳細は直接確認されたい。

※(免責事項)以下の情報は本稿執筆時点の概要であるため、実際に利用される際には、詳細について当該事業者に各自確認をお願いします(特に介護人の付き添い要否に関して)。

《従来の障害者割引》

【対象者】

身体・知的障害者:当該手帳保持者(精神は割引なし)

【対象区間・設備】

全区間

【運賃割引率】

50%(半額)

《松本市福祉パス(100円バス)制度概要》

【対象者】

身体・知的・精神障害者:申請済みの松本市民のみ

【対象区間・設備】

全区間

【運賃割引率】

1回乗車につき100円

【乗車券様式】

【備考】

上高地線、精神障害者については、松本市の制度による福祉パス利用者に限られる。
松本市の上記制度があるため、同社が精神障害者に対して自主的に福祉割引として行う可能性は、残念ながら低いと考えられる(行政支援がある場合、交通事業者が自主的に割引を提供することは基本ない)。
福祉割引は、あくまでも各交通事業者の理解と自主的な厚意があってのものと考えさせられた。当事者としては複雑に感じる。

【情報出所(公式HP)】

(アルピコ交通)
https://www.alpico.co.jp/access/ticket/discount_fare.html#fukushi

(松本市)
https://www.city.matsumoto.nagano.jp/smph/kenko/koreisya/sodan/100basu.html