集団認知行動療法(CBT)コラム表を埋めてみた

気分障がいや発達障がいの心理療法としてファーストチョイスになる、認知行動療法。
健康保険では、残念ながらうつ病だけの適応で、他の傷病だと自己負担になってしまうので受けるためにかかる費用が大きい。そのため、必要であるにもかかわらず、受けられていない人が多いのではなかろうか。

クリニックで受ける他には、就労移行支援事業所などを利用すると、事業所によってはプログラムとして行っているところもあろうかと思う。

筆者は、ある就労移行支援事業所で一つのプログラムとして臨床心理士のもとでグループで受けていた。継続的に行っていると、認知のゆがみの部分に改善が出てきて、生きること自体楽になってきた。

そこで、本稿では、認知行動療法のうち、メインである「自動思考記録表(コラム表)」を筆者がやってみたので、以下のPDFファイルを参照されたい。

題材としては、2018年6月9日に新幹線で起きた殺傷事件の報道のされ方について、精神障害者や発達障がいの当事者にとって不利益な報道をされていたので、その考え方について筆者なりにコラム表を埋めてみたものである。

集団認知行動療法では、コラム表の記入は本来ホームワークとして行い、記入したものをフィードバックしてもらわなければならない。本来はセルフで行うものではないことを補足したい。したがって、本稿で行ってみたコラム表の妥当さは保証いたしかねるので、その旨承知されたい。

コチラをクリックしてコラム表を見る

(出典)
「私らしさよ、こんにちは」p10 中島美鈴著 2009 星和書店

スポンサードリンク

シェアする