割引用マナカ(交通ICカード)利用体験:名古屋市交通局障害者割引

東京や大阪などの大都市の地下鉄や路線バスの無料乗車・割引乗車の対象は主にその自治体内に居住する障害者であるが、愛知県名古屋市では、市民に対する無料の福祉パスの発行だけではなく、市外居住者にも運賃割引の制度がある。

名古屋市交通局の運営する地下鉄と市バス、他にあおなみ線、ゆとりーとライン、名鉄バスでは、居住地にかかわらず、また障がいの種別を問わず運賃の半額割引を受けられ、割引用マナカ(記名式の交通ICカード)も利用できる。

筆者は旅行で名古屋を訪れたのだが、一時的な滞在であっても障害者手帳を所持していれば利用できるので、購入して利用してみた。

名古屋市の福祉割引は普通乗車券だけでなく定期乗車券の適用もあって、体系が結構複雑である。そのうち、本稿では、その割引用マナカの概要について紹介したい。

割引の詳細

【利用対象者】

精神・身体・知的障害者(他にも対象者がいるが、本稿では割愛する)

※ 障害者本人および介助者(3枚まで)
※ 居住地による制限は特にない(障害者手帳を所持していれば割引用マナカを購入可能)。

【対象社局・区間】

名古屋市交通局(地下鉄・市バス)、あおなみ線、ゆとりーとライン、名鉄バス(マナカの利用できる区間)

【運賃割引率】

50%

※ 定期券の割引もあるが、本稿では紹介を割愛する。

割引用マナカの購入・使用方法

【割引用マナカの購入方法】

名古屋市交通局の定期券売り場(サービスセンター)もしくは駅長室で障害者手帳を提示して、購入申込書を記入して、記名式マナカとして購入する。

【割引用マナカの様式】

ICカードの表面に氏名、割引のマークおよび有効期限が記載される。(有効期限は購入した年度の年度末まで)

【注意事項】

ICカードに残高があれば自動改札を通って入場できるが、出場時に精算機で精算する必要がある。
割引用マナカは、割引対象路線以外のJR東海、名鉄線、リニモでは、交通ICカードとして利用できないとのことである。

その他の情報

【備考】

毎年度の更新が必要である。上記の購入場所で手続きを行う必要がある。

【情報出所】

割引用マナカ・割引定期券について|名古屋市交通局
割引用マナカ 割引定期券

運賃の障害者割引の提供有無は、運送約款の規定によらず、最終的には各事業者の判断となる。この割引制度は各事業者の好意と理解によって成り立っていることを理解された上で利用されたい。